Konan-16 解体1:How to disassemble Konan-16, step12012/12/07

いよいよ、Konan-16の解体を始めます。極めて合理的に作られているので、難易度は高くないですが、自己責任でお願いします。レンズがかびて曇っている場合、シャッターのひもやバネが切れている場合には、解体が必要です。また、固定されている焦点位置を変えたいときにも、解体が必要ですが、これはプロ級ですね。古いカメラはレンズがかびている事が多いですね。写真1と2では、フイルム駆動部を取り外していますが、フイルム駆動が正常な場合は不要です。
 Now we will try to disassemble a Konan-16 automat.  It is not so difficult to carry out, if you have some experience on camera repair. However, please remember you are responsible person for this.
Usually an old camera tends to have fungus on the surface of a lens.  In such a case you need to disassemble the Konan-16 automat according to the following.  In pictures 1 and 2, a film drive mechanism is removed. However, this is not necessary, if the mechanism is in good shape.
Disassemble1-2
 次にレンズ・絞りユニットを外します。写真3と4のように飾り蓋を外します。
The next step is to remove a lens-aperture unit.  First, you need to remove an upper cover following the pictures 3 and 4.
Disassemble3-4