Repair of VP-7720A Audio Analyzer 152016/06/19

  Analyzer基板BのLEVEL ADJ(R147)、M1 FS ADJ(R139)とM2 FS ADJ(R133)の調整について私なりの方法を説明します。(ただし、これはあくまで私の解釈です。)

 LEVEL MEASUREMENTの場合、0.3VFs以上ではM1(メーター小)とM2(メーター大)は同じ値を示す訳ですが、M2の指示値はR147でもR133でも変えれるのです。
それでは、R147とR133の正しい組み合わせはどうして分かるでしょう?
 これが、ヒントです。この組み合わせが、間違っているとDISTN測定時の値が狂ってきます。
間違っている状態では、rejectionされてはいけない第2高調波や第3高調波が100%評価されません。(実際上は、第2高調波が95%〜100%、第3高調波が100〜105%程度です。)
何故か考えてみます。DISTN測定時におけるR147の役割は、歪率の算出に必要な分母の設定です。従って、LEVEL測定時にR147でシグナルを絞りすぎていて、R133で大きく見せかけているとDISTN測定時に高調波が正しく評価されないということが生じます。

このように調整した1号機の歪率の結果を下に示します。ほぼ2号機に匹敵する状態まできたようです。前回ご説明した電解コンデンサー交換の効果は絶大で、指示値が極めて安定しました。その他にも色々と問題がありましたが、それについては、次の機会に。
1号機特性