MCトランス内蔵 プリアンプ自作12016/07/31

 Audio analyzerの修理も一段落しましたので、真空管プリアンプの大改造に取りかかりました。これは、25年ほど前に自作したもので、その後も小改造しながら、トラブルもなく使ってきたものです。ただだ、MCカートリッジ入力時に少し音が固いところがあり、この機会に大幅に作り直そうと思い立ちました。要点は、MC入力トランスを2系統内蔵して、フォノ入力をMC1, MC2, MMと3系統にして、フォノケーブルからイコライザー回路までの切り替えスイッチ(実際はリレー)をそれぞれを一箇所だけにするというものです。レコードプレーヤーには、アームが2本ありますので、2入力は接続しますが、1入力余ります。そこはショートピンをさしておくつもりです。
 フォノ入力3系統をいかにコンパクトに内蔵させるかが、キーポイントです。
自作プリの大改造

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
16ミリカメラのフィルム幅はなんミリ?
(半角数字で十六を入力)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://colorkonan16.asablo.jp/blog/2016/07/31/8143789/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。