MCトランス内蔵 プリアンプ 自作102017/01/07

 お正月休みに1号機のアンプ部を作り変えました。前のアンプ部は小改造しながら30年近くも使ってきましたので、これが最後と思ってがんばりました。イコライザーと入力切替後のバッファー(カソードフォロワー)通しでのゲインは、1KHz実測で95.6です。ボリューム全開時のMM入力の残留雑音は、0.3mV(入力開放)、MC2入力(FRT3、30Ω、入力開放)で0.3mV、MC1入力(AU-320、3Ω、入力40Ωでショート)で0.4-0.5mVとSNも十分な性能になりました。実は、AU-320から取り出したトランスのシールドはかなり難航し、3度もやり直しました。現在は、3重のシールドに囲まれていますが、正直なところ、どうすればベストなのか分かっていません。しかし、やりすぎると元も子も無くなりますから、今回はこれで良しとします。イコライザー回路は、基本はSRPPのCR型ですが、詳細は別の機会にでも。
 下の写真1枚目は基板ですが、穴の位置が、いまひとつの箇所があり、部品取り付け時に、穴あけをやり直して、とにかく組上げました。2号機の回路と同じなんですが、作ったのがもう一年以上前のことなので、また不満のあるものになってしまいました。直ぐに次を作れば、少しづつ良くなるのですが、アマチュアですから仕方ないですね。
基板
      新1号機のメイン基板
新1号機
  動作確認後の新1号機、MCトランスのケースを右に延長しました。コンデンサー類は、在庫部品を適当に使っています。(特に自己バイアスのバイパスコンデンサー)信号が通過するコンデンサーは、それなりに気を使ってはいます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
16ミリカメラのフィルム幅はなんミリ?
(半角数字で十六を入力)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://colorkonan16.asablo.jp/blog/2017/01/07/8308979/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。