VP-7720A、VP-7721Aのノッチフィルター2017/09/07

 VP-7720A及びVP-7721A(Panasonic、旧National)の歪率回路の動作について質問がありましたので、ノッチフィルターの抵抗、コンデンサー切替え動作表を掲載します。(なお、これは私の理解です。間違いがあっても責任は持ちません。)表では、160Hz〜1.599kHzの周波数帯の上位の桁について示してあります。下位の桁のリレーK22〜K25、K26〜K29も同様ですが、0〜9の範囲だけが使われています。さらに発振回路の周波数設定も同様に、BCDコードを使っています。
 VP-7720A、VP-7721Aともに古い製品ですから、リレーの接触不良、あるいは抵抗値やコンデンサー容量の経時変化のために、同調周波数や発振周波数の「ずれ」が生じていることがあります。例えば、リレーK18が接触不良になると、200、300、600、700、1.000k、1.100k、1.400k、1.500kHzなど特定の周波数で同調不良になります。
リレー動作表
 リレーの代替品については、以前記述しましたが、一つ注意です。ダイオード内蔵のリードリレーへの交換は避けてください。(多くの場合、製品番号にDを含むものです。)安易に付け替えるとU116やU117が死ぬ可能性大です。(ただし、ベテランの方で、逆差しをお考えの場合は別です。)いずれにしろ、修理は自己責任です。よく理解して、覚悟して、行いましょう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
16ミリカメラのフィルム幅はなんミリ?
(半角数字で十六を入力)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://colorkonan16.asablo.jp/blog/2017/09/07/8672395/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。