5998、5998A、7236 真空管使用上の注意2017/09/26

 ここ何年か出力管5998のパラシングルアンプを使ってきました。音はまあまあなんですが、球が少し弱いような気がしていたんです。プレート損失15W×2はover ratingなんじゃないかと思ってきました。
 最近、Tung-Solの5998、5998Aや同族の真空管7236のオリジナル規格表をじっくり見ていたところ、とんでもない事が書いてあることに気づきました。
真空管5998の場合
  ENVELOPE TEMPERATURE      *
  * FOR OPTIMUM TUBE LIFE BULB TEMPERATURE SHOULD NOT EXCEED 150ºC. AT FULL DISSIPATION ON BOTH TRIODE SECTIONS IT WILL BE NECESSARY TO PROVIDE FORCED AIR COOLING TO KEEP THE BULB TEMPERATURE WITHIN THIS RATING.

真空管5998Aの場合
  BULB TEMPERATURE HOTTEST POINT(A)   200ºC
 (A) FOR OPTIMUM TUBE LIFE, THE BULB TEMPERATURE SHOULD BE MAINTAINED BELOW 150ºC BY FORCED AIR COOLING.

真空管7236の場合
MAXIMUM BULB TEMPERATURE(A)  150ºC
(A) FORCED AIR COOLING IS NECESSARY TO OBTAIN THIS BULB TEMPERATURE.

 要するところ、5998にしろ5998Aにしろ7236にしろ、プレート損失15W×2でずーっと使いたいんなら、強制空冷してバルブ温度は150ºC以下にしなさい。ということです。知らなかったな〜。
 この3種のなかで、7236は最も自信作のようで、他には無いこんな記述があるんですが。
THE 7236 IS A LOW MU DOUBLE TRIODE INTENDED FOR LONG LIFE SERVICE AS A POWER AMPLIFIER IN COMPUTER SERVICE. それでも最高温度は150ºCだったんですね。
それでは、実際、バルブ温度は何度まで上がっているんでしょう? それは次の機会に。

コメント

_ 妹尾 哲夫 ― 2017/10/10 18:50

5998Aと7236のバルブ温度に関する規定は私も気が付きませんでした。
この2つの真空管はいずれ小出力のアンプを製作するつもりで私も購入しておいたのですが
強制空冷が必要となるとなかなか厄介ですね。
6080の規格表を見るとバルブ温度が230℃になっているだけで強制空冷の記述はないことが判りました。
この点は後から開発されたので改良されているのでしょうね。
重要な情報を有難うございました。

_ colorKonan16 ― 2017/10/10 22:44

妹尾様、
ご指摘のように6080系には、空冷の必要性は書かれていないようです。
私の見た規格表は以下の通りです。興味深いのはTUNG-SOLのものですが、確かに空冷の記述はありません。

RCA (1953年8月1日)  6080
BULB TEMPERATURE ・……… 200 max ºC
・At hottest point on bulb surface.

Philips (1968年12月) 6080
LIMITING VALUES (Absolute max. rating system)
Bulb temperature tbulb max. 260 ºC

TUNG-SOL (1961年3月1日) 6080WA
ENVELOP TEMPERATURE ——- 230 ºC

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
16ミリカメラのフィルム幅はなんミリ?
(半角数字で十六を入力)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://colorkonan16.asablo.jp/blog/2017/09/26/8684567/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。