5998, 5998A, 7236 真空管放熱問題22017/10/09

 今日は、特に新しい事はありません。
 ただ、ネット上に溢れている5998や5998Aの「作例」を見ると心配になります。メーカー発表の規格表を真剣に読まず、M誌などの情報を鵜呑みにした「作例」が余りに多すぎます。(私もその一人だったですが、公表しなかったのは幸いでした。)誤解の始まりは、 「WE421AのA1級動作(各unit)で12W出力、A1級PPで30W、AB2級で90W」と謳ったかつての予約広告(28000円/本)だったように思います。
 BELL SYSTEM PRACTICES (1953年10月)によるWESTERN ELECTRIC 421A*についての記述は以下の通りです。

DESCRIPTION
 The 5998/421A* is a double triode having separate indirectly heated cathods.
(中略)
Plate dissipation ----- 13 watts
Bulb Temperature 1 ------ 200 ºC
 Note 1. (前略) The air flow should be sufficient to keep the bulb temperature below 150ºC.

WE421Aもoptimum lifeの為には、150ºC以下だったんですね。 (出力12Wはどこから出た話でしょうね??)さらに、5998と421Aは同等であることも分かります。
補足:前回の温度測定条件(プレート損失)に誤りがありましたので、訂正しました。
正:18.8W,  誤:16.8W