Panasonic VP-7723A 修理 その22017/12/17

 Panasonic製Audio analyzer、オーディオアナライザVP-7723A修理の続きです。なんとなく動作し始めたようです。遅れ馳せながら、取説(VP-7723Bの日本語版)を読んで、操作方法を勉強し始めました。発振器の「設定周波数を表示しっぱなしにする」には、「SHIFTキー【21】、OSC ON/OFFキー【24】を続けて押します。」だったんですね。知りませんでした。そうこうする内に、発振器の出力が-80dBになっていることに気付きました。 結果、発振回路は、基本的には動作していることが判明。(や〜、ちゃんと取説を読まないとダメですね!)
自己発振の測定
 出力4dB(600オーム負荷無し、実測3.16V)で周波数を変化させ、自己発振の歪率を計ったのが、下の表です。思ったよりも健康なようで一安心です。ただ、10Hz台が不調で、リレーがカチカチ鳴り、電圧、歪率とも表示されません。他の不調もあると予想されるので、今後、ゆっくりと様子を見て直していくつもりです。(慌てて修理すると、せっかくの楽しみが無くなりますから。)
VP-7723Aの現状

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
16ミリカメラのフィルム幅はなんミリ?
(半角数字で十六を入力)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://colorkonan16.asablo.jp/blog/2017/12/17/8749890/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。