2号機 Panasonic VP-7723A 修理 その12018/11/26

 お久しぶりです。8月にVP-7723A(Panasonic製)の修理を完了した後、ブログの更新が滞っておりました。実はその間VP-7723A、2号機の修理を楽しんでいました。これが、なかなかの難物で、ここでお見せできるレベルにようやく到達してきました。(9月からですから約3ヶ月要しました。)まず、購入時の状況です。表示板の全小数点点灯、操作ボタンも全点灯の状態でした。原因はご想像のとおり、バックアップ電池の液漏れによるロジックボード不良です。しかも、超重症です。表側は、ご覧の通りです。少なくともU10, U12, U13, U14, U15辺りはお亡くなりでしょうね。
2号機ロジックボード表

電池取り外し後

裏側は、こんな感じで、多分断線の嵐です。こんな場合、普通ならボード交換です。ですが、新ボードが入手できない現状で修理のプロは、どうするんでしょう。私のようなアマチュアは、時間だけはかけられますから、とにかくやってみるだけです。きっとジャンパー線のジャングルになりますね。
2号機ロジックボード裏

コメント

_ 妹尾 哲夫 ― 2018/12/01 21:31

凄いですね。
上記の写真のようにあちこちに緑青が吹いたプリント基板を見た段階で私なら修理を断念する
ところですが、きれいに清掃してジャンパー線を縦横無尽に這わせて、ほぼ動作する状態に
まで持って行くとは大したものだなあと感心しています。
私のVP-7722Aの修理の方はあれから少しづつICを交換しているのですがまだ不具合の原因
となった部品が特定できていません。 この記事を見て私も頑張らねばと思っています。

ところで、IC交換等ではんだを除去する時はどのような道具を使用されているのでしょうか?
私は手動式のはんだ吸取り器とソルダーウイッグを使っているのですが、ICを1個外すのにも
結構な時間がかかっています。

_ colorKonan16 ― 2018/12/02 10:14

 妹尾様、いつもブログをごらんいただきありがとうございます。
お尋ねのIC交換手順を最新ブログに記載しました。貴殿のVP-7722Aの修理のお役に立てば幸いです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
16ミリカメラのフィルム幅はなんミリ?
(半角数字で十六を入力)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://colorkonan16.asablo.jp/blog/2018/11/26/9003684/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。