2号機 Panasonic VP-7723A 修理 その32018/12/01

 ロジックボード再不調の件ですが、幸い原因が判明しました。CPU(U4)とROM((U6)の配線に一箇所断線が見つかりました。具体的には、D0の信号線です。U4-12ピンとU6-11ピンを継ぐラインが、基板の裏側から表に抜ける穴(基板上Q2と印字してある付近)で接続不良になっていました。ROM(U6とU11)付近をプローブで触っている時に、いきなり正常動作したので、ROM付近の配線をチェックし直したわけです。その2でお見せしたようにジャンパー線のジャングルですから、どこかでショートまたは半田付け不良が起きたのではと疑ったのですが、ジャンパー線達は無実だったようです。
 さて、ジャンパー線のジャングルを構築した時点で(約1ヶ月前)、写真のように「ほぼ全回路」の配線を確認しました。確認した線をピンク又はオレンジで塗ってあります。それにもかかわらず、一応の動作状態になるのに1ヶ月近くかかっていたのは、U9の2番ピンとU10の2番ピンを取り違えていた為です。U9の2番ピンに来ている信号が「やけに小さい」とは思っていたのですが、それをさらにU10の2番にもつないでいたとは!
回路チェック
 なお、修理初期段階で、16MHz(8MHz)が発振していないことに気づいて、R9(270Ω、割れていた)とR8(6.8KΩ)を新品交換しました。(なぜ、こんな抵抗が割れた?)また、緑青発生のIC、ROMおよびCPUソケットは全部新品交換しました。交換したICは以下の通りです。U9、U10、U12、U13、U14、U15、U29、U30、U34、U36、U44。1号機修理の経験から予防的に交換したものも含まれています。
 ロジックボードが一応動き出したので、歪同調回路の修理に向かおうと思った矢先、発振回路が不調になっていることに気付きました。どうやら、振幅制限が効いていません。まだまだ、先は遠いですが、多少とも理解しているうちに不調は出尽くしてほしいものです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
16ミリカメラのフィルム幅はなんミリ?
(半角数字で十六を入力)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://colorkonan16.asablo.jp/blog/2018/12/01/9005663/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。