VP-7723A Analyzer2基板の調整2021/08/02

 VP-7723Aの調整で困っていたのは、歪測定に重要なAnalyzer2基板です。この基板の半固定抵抗を実働状態で調整するのは、普通には困難です。何しろ基板はコネクターで本体に固定されており、半固定抵抗はAnalyzer1基板側にありますから。本来は、延長ケーブルなどを使うのかもしれませんが、ノイズが増えると精密な調整ができません。そこで、考えた案は、半固定抵抗を基板裏側に移設することです。チェックポイントも裏に取り付け、容易に調整できるようになりました。
Analyzer2の基板


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
16ミリカメラのフィルム幅はなんミリ?
(半角数字で十六を入力)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://colorkonan16.asablo.jp/blog/2021/08/02/9403971/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。