MCトランス内蔵 プリアンプ自作92016/08/14

 改造1号機の音出しをしました。YAMAHA GT2000のアームにPhilipsのMCカートリッジ,G924XE(4Ω)を付けてMC1(3Ω)入力に、増設アームStax UA-7+Denon DL103をMC2(30Ω)入力に接続しました。心配していたハムは、まずまずです。MC2ではハム音が”サー”ノイズに埋もれていてOKですが、MC1ではハム音がやや勝っています。現状でも実用上は問題無いレベルですが、2号機に負けています。 機会をみて、電源トランスの方向を2号機のように変えて、漏れ磁場の方向を変化させてみようと考えています。
 肝心の音ですが、接点を一つ減らした事と、水銀リーレー並列リードリレーは功を奏したようです。改造前は、アームとMCトランス間にリレー(NAIS, TQ2-12V, ATQ203)の4並列、MCトランスとイコライザー間に同リレー3並列の体勢でしたが、それに比べると音の固さが減り、より好ましい方向に変わったようです。アームとMCトランス間にRCAピンジャック、それとMCトランス出力の切り替えが入るのは避け難いですが、さらにリレーやスイッチの接点が入るのは避けたほうが賢明です。(アーム1本でMC専用とすれば別です。)特に外付けMCトランスを使用すると、アームと入力RCA、入力RCAとMCトランス入力、MCトランス出力と出力RCA、出力RCAとプリアンプ入力間の合計4箇所に接点が入りますから、どうみても不利です。
GT2000TwoArm