VP-7720A オーディオアナライザ 修理 その42015/09/02

 National(ナショナル、後のPanasonic)製のオーディオアナライザVP-7720Aの修理、その後です。今回修理した2号機はどの位の性能を持っているのか調べてみました。内蔵発振器の出力をそのまま歪率計に入力して測った歪率です。4KHz以下の周波数に対しては、30KHzのハイカットフィルターを使用しています。4KHz以下と7KHz以上の違いはその為です。かなり低歪率に仕上がっています。ただ、問題点として*で示した10Hzですが、スイッチを入れて暖まってくると測れるのですが、どうも立ち上がり時は発振器の歪みが大きく(0.1%程度)安定していません。多分、前回のR81の調整と関係しています。それを除くと2号機の状態は、合格です。(追記:やはりR81の調整が少し違っていました。周波数調整がやや低い側に偏っていると、10Hz以下で不安定になるようです。)
VP-7720A歪率実測
 この好調に気を良くして、1号機を再調整しはじめましたが、前よりも悪くなって、「過ぎたるは猶及ばざるが如し」状態です。それについては、次の機会に。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
16ミリカメラのフィルム幅はなんミリ?
(半角数字で十六を入力)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://colorkonan16.asablo.jp/blog/2015/09/02/7771999/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。